読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

プロフィールと商売

プロフィールの欄に、いろいろ職種や趣味のようなものが書いてある。

かなり以前に書いた記事makitakao.blog59.fc2.com/blog-entry-21.htmlがあるが、とりあえず勝手に名乗っている。

自分が何者であるか、というのは、実は深いテーマではあるが、職業なり立場なり所属なり肩書きなりを名乗ることで、表面的にはわりと簡単に表明することができる。そしてそれは、自他ともにある程度の効果がある。

しかし、なんとでも名乗れるし、何者にでもなれるが、それはその気があればだれでもできることなので、希少価値はない。

可能性は広がったが、それぞれは浅くなった。

一芸で何かを成すのはむずかしいということか。

窓口を広げるのか、一つを追い求めるのか。

商売としてやっていくにあたって、いままでやってきたことに、行き渡った感、行き詰まった感があるのはどの業界でも同じだと思う。

だから窓口を増やしたところでどの窓口もきびしいだろうし、既存の商売にしても、今以上によいもの、よいやりかたを追求するしかない。

「おもろい(おもしろい)」がキーワードだろう。

おもろいことの発信、その発信自体がおもろい、そいつら(人)がおもろい。

て、前にも書いたような気もするが。

かといって、なんでもできるとはいえ、できないこともある。

いろいろ思いついたとはいえ、無理なこともある。

いずれにしてもできることをこつこつとやる、以外にはない、というシンプルな結論。

やっている本人がおもろいと思えることが大事であると思う。