マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

人間関係 距離と立場4

ボーダーラインを超えてくるひとに対して、だまってしまうことがある、と書いた。
人間関係における、自分なりの秩序を保つためには、だまるしかない。黙る。黙殺。
黙ることで主張するという意味合いもある。
あと、黙らずに反論するとすると、その同じ土俵に上がって、あるいは下りていって、その勝負を受けることになってしまう。自分なりの秩序を守るというのは、その土俵に下りたくないということである。だから、黙る。
しかし、その土俵上では、自分は負けたことになっている。
勝負を避けているのに、負けていることになる。別の次元、別の観点、価値観。
そして、こういうのは、もう一度来る。何回でも来る。積み重なる。
どこで、いつの時点で、押し返すか。どうやって押し返すのか。
あるいは押し返さないほうがいいのか。