読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

My Back Pagesの自己流解釈まとめ

ボブディランについての考察

この曲があって

アルバム Another Side Of Bob Dylan

うまれたのではないだろうか

ーーーーーーーーーーーーーーーー

マイバックページズ 僕の裏ページ

深紅の炎が

僕のあたまの中を

からまりながら駆け昇っていった

いくつもの強大な火成岩が

僕の思うままに

燃えさかる道の上に

跳ねて飛びかかっていった

僕らはまもなく刺激的に出会うだろう

興奮して熱くなった頭で

僕は 誇らしげに言った

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

偏見は

半分にこわれて跳んでいった

憎悪を

すべて引き剥がしてくれ

と 僕は叫んだ

人生は白と黒だなんていう嘘っぱちが

僕のあたまの中で語られている

そんな夢を 僕はみた

マスケット歩兵隊の

ローマン主義的事実が

深く根づいていたんだな

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

少女たちの顔が

その未来をつくった

いんちきな嫉妬心のようなちっぽけなところから

太古からつづく歴史上の政治における

そのすべての記録までも

もはや肉体から離脱し漂う

イエスの弟子たちですらやはり

それは思いもよらなかっただろう

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

自分で自分を任命した

とある聖職者は

ふざける余地もなく

真剣すぎるほどに

自由とはまさに平等であると

まくしたてた

”平等” と僕は

その言葉を声にだしてみた。

まるで結婚の

誓いのように

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

兵士のような姿勢をとって

僕は自分の手をかまえ

おそれおののく

雑種犬にねらいをつけた

そいつは僕に

僕が僕自身の敵になるかもしれないことを恐れるなと

教えてくれている

声に出したその瞬間に

僕の存在理由は混乱し

からだぜんたいが

暴動と化す

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

僕は警戒心を高めた

高貴かつ抽象的な恐怖心が

僕には守るべきものがあるのだと

ささやくとき

「GOOD」と「BAD」

僕はいま

このふたつの言葉を

きっちりと定義することができる

明確に

疑いのかけらもなく

ああ でも

そのときの僕は

とても年をとっていた

いまの僕は 

あれより ずっと若いだろう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうとう考えてつくってみたけど

なんかぜんぜんあかんわ。