読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

一人称

英語と日本語についての考察

自分のことをなんというか、というのをいつもというわけでもないが、

けっこうよく考えているというか悩んでいるというかいや別に悩んでるほどのもんでもないが。

日常生活では、それなりに適切に使い分けてはいる。

仕事では、「わたし」「わたくし」、あとまあ「ぼく」。

それ以外では「わし」「おれ」とか。

書き言葉の場合にちょっと考えてしまう。

仕事のときは「私」でいけるが、

このブログのような場合、どうしよう。

その点、英語は楽でいいな。

これまで「わたし」と書いたりしているが、

なんかどれを使っても、相手(話す対象)が見えてくるし、

その相手に対して自分の立場を限定している自分がみえてきて

どうもしっくりこない。「俺」なんか使いたくないな。

英語は楽でいい。

「僕」というのがまだいちばんましなような気もするが。

自分の配偶者のことを人に言うときもいつもためらう。

たいがいは「よめさん」「よめはん」とか言っているが、なんかなーって感じである。「妻」「女房」とかもなんかなー。

英語は楽でいいなー。

「カミサン」というのもあるけどな。「ツレアイ」が、とかいうのは

どうかな。割といいかな。

広告を非表示にする