読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

分類と統合と混沌

日々の考察

自然の状態、人間の手の入らない状態というのは、もともと混沌状態である。

人間がひとつひとつに名まえをつけて、分類する。

概念としては分類されたことになっても、状態としては混じり合ったままである。

さらには、その混じり合った状態をも、むりやり分類してしまう。

山は山、道は道、川は川。

むりやり分類されたものは、自ずと元に戻ろうとする。

人間が、自然と別ものだとすれば、人間よりも自然のほうが大きい、人間は自然にはかなわない。

しかしじつは、人間も自然の一部である。

人間はいままで、自然を超えようとしてきたようだが、ここにきて、自ずと元に戻ろうとしつつあるように思う。というより自然が、人間を元のように戻そうとしているような。

いままでひたすら、分類してきたが、これからは統合され、そして混沌としていく。

人間の意志を超えた、自然の意志によって。

というか、それこそ自然に。

ブログを統合したのも、自然の流れだったのかもしれない。

テーマ別に分類して、わかりやすくしていたつもりだが、どうもおもしろくない。

その、分類してわかりやすくしようとすること自体が、こざかしいというか、おもしろくない原因のような。

いちおう、カテゴリーの分類はするけれども、まとめてみれば、混沌とするというか、というより混沌を目指してやっていこうと思う。

仕事についてもそうである。デザインのテイストによって、ブランド、ユニットで区分け、分類してきたが、しょせんは「ええかっこ」しているだけで、じつのところごちゃごちゃしている。

そのごちゃごちゃがいやで、さらに分類しようとしてきたが、もはやこれには、無理がある、と思うようになった。自然に混沌に向かっているならば、その自然に逆らっているようだ。

これも、いちおうの分類はするが、それにこだわらず、むしろ混沌化の方向で。

本業であるとか本業でないとか、すら、混沌としていっても良いのかも。

先に書いた「ボランティア」の感じで、得意なこと、できること、をこつこつやっていくだけかなあ、と。

広告を非表示にする