マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

おいしい店

何を食べてもおいしい店というのがある。

行き届いている。

満足度100パーセントである。

反面、何を食べてもそこそこという店がある。

何を食べてもいまいちという店もある。

その店を仕切っているひとの、センスというか、レベルというか、ラインというかの高さの違いなのだろう。

そのひとにとってのあたりまえの日常の線があるから、いつもそのレベルが保たれるのだろう。

店長が弟子に、横について指示しながら、まったく同じ分量の材料を同じタイミングでやるように、出汁のとり方を教えても、微妙に違う味になってしまう、というのをその店長から聞いたことがある。

なんでかわからへんと。

手から出る、出汁ちゃうか、などと言っていたが、でもほんとうに、そういうことかなとも思う。

手から、また、目からとか、も出汁が出てるのかもしれない。

そのひとの味。オリジナル。

広告を非表示にする