マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

人間関係 距離と立場7

団体、組織、会社や国も、じつは無い、と書いた。

実体がない。

あるのは、取り決め、概念、もっと言えば、名称、固有名詞。

そして、人々の集まり、のようであるが、じつはその意思はひとりかふたりのものである。

個人個人には、肉体、ボディという実体がある。

おそらく意思、意識は、それぞれの肉体に対してひとつずつ、ある。

(とりあえず、肉体の五感、六感を意識できる意思として)

荒っぽく言うと、組織も個人も、意思の出どころの単位は変わらない。

(ひとつかせいぜいふたつ)

今日の日本の状況、様々な問題が、国をはじめいろんなエリア(なになに地方とかなに県とかなに市とか)で、解決されずに、ある。

これらは、場所、時、原因、経緯、結果など、それぞれ違うものなので、当然ひとつひとつ別のものと考えるのが普通だろうが、一度ここで、この様々な問題のすべてを、ひとりの人間から出ているものと仮定して考えてみる。

すると、なんとなく、すべての共通点が見えてくる。

大声、お金、暴力。

成り行きまかせ、行き当たりばったり、ご都合主義。

無責任、責任転嫁、自己保身。

論理の矛盾、すり替え。

ごり押し、無理強い。

などなど。

おそらく、日本だけではなく、世界的なものだろう。

個人の、個々の、問題であるともいえる。

そうとう、やばい(本来の意味合いで)。