読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

Highway 61 Revisited 訳

ボブディランについての考察

61号線 再び

神がエイブラハムに言った

「わしを殺してみたらどうだ 息子よ」

エイブラハムは言った

「なんだおまえ、冗談はやめろよ」

神が言う

「冗談ではない」

エイブラハムが言う

「なんなんだよ」

神が言う

「聞きなさいエイブラハムよ 汝は何だってできるのだよ」

「しかしな こんど会うときはわしが汝を殺すかもな」

エイブラハム

「すみませんでした神様 それはいったいどこでやればいいんでしょうか」

神は言った

「61号線の路上に決まっておろうぞ」

ジョージアのサムは 酒びたりで

ほとんど着の身着のまま

ある日 お連れのハワードに聞いてみた

「オイラの行くすえ どうなるんだろうな」

「オマエの行けるところは ここだけだろうな」とハワード

サムが聞く 「なんだよ早く教えろよ オイラ急いでるんだよ」

ハワードは持っていた銃で指し示し 答えた

「61号線はこっちだよ」と

スリのマックが 王様のルイに聞いた

「いままでかっぱらった 40本の赤と白と青の靴紐と

1000台の鳴らない電話機があるんですが こいつらどっか捨てるとこ知りませんか」

ルイは

「ちょっと考えさせてくれないか」

しばらく考えて 答えた

「いい考えがある ぜんぶ 61号線に持っていくがいい」

15番目の娘が12回目の夜に

最初の父親に「いろいろうまくいっていないのよ」と告げた

「顔色もなんだかぜんぜん冴えないし」

父親は「こっちへ来てよく見せてごらん」

そして「ああでも大丈夫だ このことは2番目のおかあさんに言っておくよ」

でも2番目の母親はそのとき

7番目の息子といっしょだった 61号線の路上に

さすらいのギャンブラーは

そのときかなり退屈していて

なんと 次の世界大戦を企てていた

見つけ出したプロモーターはひっくり返らんばかりに言った

「そういうのはやったことがないんですが」

続けて

「でもなんだか 簡単にできそうな気がしますよ」

そして

「天気のいい日に 観客席をぶったてればいいんですよ 61号線のどっかにね」 

広告を非表示にする