読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

「世の中」と「人間社会」

バカな平和主義者

きのうの続きのような感じ。

「世の中は」どうとか、「こんな世の中もういやだ」とか、言う場合、だいたいは、人間社会のことを言っている。

人間が作った、仕組みや決まりごとのことを「世の中」と言っている。

世の中すべて、人間が作っている、決めていると思っているのではないか。

人間が決められないことはこの地球上にたくさんあり、それらも含めて、世の中、である。

人間社会は、実はいきあたりばったりで、浅はかなことばかりである。

極端な言い方をすれば、死んだら終わってしまうことに執着し、悩んでいるだけだ。

それよりも、大地とか、大気とか、太陽とか、海とか川とか、動物とか植物とか、そういうのが世の中だろう。

世の中と、人間社会を別のものとして考える。

お金のことで、人間関係のことで、悩み、苦痛を感じるのはもう止めにする。

なくなったしても、困ったことになったとしても、どうっていうことはない、たいしたことではない。

太陽とか大地とかのバランスがとれていることが、続いているなら、世の中は大丈夫だ。

それにしても、太陽とか地球とか月とか、すごいバランスだと思う。凄すぎる。

また続く。