マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

Blowin' In The Wind 訳詞

風は知っている

いったいいくつの
道をあるけばいいのだろう
人と認められるためには

いったいいくつの
海を越えればいいのだろう
安心して眠れるためには

いったいいくつの
爆弾がとびかえばいいのだろう
永遠に凍結されるまでには

こたえは
風が知っている
吹いている
風が知っている

いったいこのさき何年
陸は存在できるのだろう
海に流されてしまうまで

いったいこのさき何年
人類は存在できるのだろう
自由をゆるされるまで

いったいこのさきどこまで
人はうぬぼれ続けることができるのだろう
そしらぬ顔をしながら

こたえは
風が知っている
吹いている
風が知っている

いったい幾たび
見上げなければならないのだろう
空が見えるようになるまで

いったいいくつ
耳があればいいのだろう
人びとが泣き叫ぶのを聞くためには

いったいいくつ
死を数えあげればわかるのだろう
すでにあまりにもたくさん死んでしまっていることに

こたえは
風が知っている
吹いている
風が知っている