読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

Just Like A Woman の訳 注釈

まず、Just Like A Womanのところ。

SheはWomanなので、わざわざJust Like A Womanといわれても、

意味分からんというところだが、

ここは、冠詞のaに注目。初出の、初めて出てくる名詞につくaという意味合いかと。

いつも初めて会う(女)みたいに、というところだろうが、

ゆきずりの、ということにしてみた。

her ribbons and her bowsがhave fallenのところは、

うらびれたというかおちぶれたというか、ちょっと疲れたとか、

老けたとかいう感じだと思うので(服は新しいのに)、Just Like A Womanは、

Womanとして無理してるというのもあると思う。

で、こわれてしまうと幼子(おさなご)のように脆いのか。

Queen Maryは豪華客船に同名のものがあり、

おそらくこのころは、晩年、引退前で、オールドファッション的なイメージかと。

my friendはガールフレンド的な感じか。a friendではなく。

all the restは残りの全部、他の奴らとかでもいいのだが、

あとのwith her fogs...の抜け殻みたいな風に感じたので、残りかすとしてみた。

long-time curse hurts but what's worseのところは手こずったけど、

なんとなく雰囲気で。

so I came in hereまでは過去形で、その後現在形。

sheがyouに変わる。

目の前にyouがいる。

I was hungry and it was your worldのところも手こずったが、

自分に足りないものをあなたに求めたというニュアンス、

ただhungryとworldは言葉として残したほうがいいかなと。

sheはtakes, makes love, achesだったのが、

最後はyouになり、takeが、fakeになる。

つかまえ、まぐわい、ときめく、が、

いつわる、のね、あなたは。

Don't Think Twiceでもそうだったが、

Iとかyouとかsheとかをいろんな立場、人に置き換えたりすると、

なんとでも広く、深く、解釈が広がり、いろいろ感じるところがあり、

いろいろ考えたりすることができ、とてもおもしろい。

日本語訳にすることで、意味がわからなくなってもいけないし、

意味が限定されすぎてもいけないし、

しっくり合う日本語はなかなか出てこないし、

時間はかかるし、めんどくさいし。でもぼちぼちやっていくことにする。

やはりぼちぼちか。

highway61もあれでけっこう深い感じがするし、

なんといってもsad eyed ladyをなんとかしたいし、

やることはいっぱいある。ありすぎる。