読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

淀川市民マラソン

きのうぐらいでようやく普通に歩けるようになった。

今回は、給水所以外は止まらず、走り続けて、

初の「完走」ということで、まあ満足というところだ。

タイムは一昨年4:55:28、昨年5:41.24だったが、

それらを上回る、4:54:47ということで、

これもまあ満足というところだが、

歩いてないのにもかかわらず、

一昨年とあまり変わらないというのは

どういうことだろう。

だいたいおおまかに、先の半分で2時間15分、

あとの半分が2時間40分ぐらいであった。

前半キロ6分、後半キロ8分とも言えるが、

最後のほうはほとんど歩きのスピードだったので、

だんだんへたっていったというのが正しいだろう。

「むちゃくちゃしんどい」というのが、

シンプルな感想である。

10キロぐらいのところから、

左足の甲がピキッと痛みだして、棄権も考えたが、

いけるとこまでいこうと続けていたら、

ほかのいろんなところも痛くなってきて、

足の甲がそんなに気にならなくなり、

なんとか最後までいけたという感じであった。

調べてみると足の甲のこういう痛みは、

ランニング障害でよくあるらしいが、

しばらく休むしか回復方法はないらしい。

で、しばらく休んでいると、

また、ちょっと走ってみようかなどと、

思ったりして、ちょっと走ってみたりするのだろうか。

そして来年もまた、フルマラソンにエントリーなどしてしまうのだろうか。

「むちゃくちゃしんどい」のに。

広告を非表示にする