読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

My Back Pagesの自己流翻訳4

ボブディランについての考察

A SELF-ORDAINED PROFESSOR'S TONGUE

TOO SERIOUS TO FOOL

SPOUTED OUT THAT LIBERTY

IS JUST EQUALITY IN SCHOOL

自分で自分を任命した、とある聖職者のその舌は

ふざける余地もなく真剣すぎるほどに

自由とはまさに平等である、とまくしたてた。

PROFESSORは信仰告白者とある。

TOO SERIOUS TO FOOL

ふざけるには真剣すぎる

IN SCHOOLは講義中にという意味合いだろうが、

ここではあえて訳さなかった。

"EQUALITY" I SPOKE THE WORD

AS IF A WEDDING VOW

”平等” とぼくはその言葉を声にだしてみた。

まるで結婚の誓いのように。

なんだか2007年のディランが

神妙、かつ冷淡に、「Equality」とつぶやいているのが

目にうかぶような。

AH BUT I WAS SO MUCH OLDER THEN.

I'M YOUNGER THAN THAT NOW.

ああ、まるで老人のようだったよ。

いまはずっとずっと、ましさ。