読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

My Back Pagesの自己流翻訳2

HALF-CRACKED PREJUDICE LEAPED FORTH

偏見は半分にこわれて跳んでいった。

HALF-WRECKEDと書いてあるのもある。難破する、いづれも似たような意味か。半分こわれた偏見は前に飛び跳ねた。くだけて跳んでいくイメージ。

"RIP DOWN ALL HATE" I SCREAMED

すべての憎悪を引きはがしてくれ、とぼくは叫んだ。

LIES THAT LIFE IS BLACK AND WHITE

SPOKE FROM MY SKULL I DREAMED

人生とは黒と白なんだよというまことしやかな嘘が、

僕のあたまの中で語られる、そんな夢をぼくは見た。

まことしやかなは脚色、冠詞のない複数形、いくつかの嘘。

SPOKEは過去分詞扱い。ARE SPOKEN。そういう用法が辞書にあった。

ROMANTIC FACTS OF MUSKETEERS

FOUNDATIONED DEEP SOMEHOW

マスケット歩兵隊のローマン主義的事実というものが、

ともかくも深く土台となっていたんだ。

マスケット。ライフル銃の前身みたいなのを言うらしい。その歩兵隊。

FOUNDATIONは名詞で、ここでは動詞のように使っている。

このセンテンス、なにかの引用なのか。よくわからない。

しみついた古くさい観念、脱皮しようとあがく心、みたいなイメージかなあ。

AH BUT I WAS SO MUCH OLDER THEN.

I'M YOUNGER THAN THAT NOW.

ああ、でも、そのときのぼくは思いっきり老けていた。

いまのぼくはあれよりは若い。