読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

Like A Rolling Stone

「Like A Rolling Stone」を完全暗記した。

2ヶ月かかったということではないが。

同名の本のなかで、この曲のレコーディングの様子が

くわしく書かれている。

まともに最後まで演奏できたのは2回しかなかったような。

そのうちの一回目がオリジナルテイクになったような。

レコーディングを始める段階では、曲はおおまかにしか決まっておらず、おそらく演奏しながら完成形にもっていくのであろう。

模索しながら、偶然を待ちながら、という感じか。

歌詞を覚えていく過程でわかったことがある。

曲のメロディにどのように言葉を乗せていくかということを

とてもシビアに扱っているのだろうということである。

どこで入るか、どこでのばすか、どこで切るか。

しっくりくるか、インパクトはあるか、かっこいいか、

一言でいえば、「どれがいちばん決まっているか」か。

あとはギターとハーモニカの練習やな。

広告を非表示にする