マキタカオ ライフ

日々の考察と記録 It's Life, And Life Only

スロートレインカミング

僕が中学3年のときである。

スロートレインカミングが出たのは。

ギターを中2で買ってもらって、アリス、風、などをやっていた。

フォークの神様ボブディランというのはよく聞くフレーズだったが、曲は聞いたことがなかった。

当時はほとんど新譜の全曲が、ラジオでかかっていたように思う。

エアチェックした。テープに録音という意味である。

で、昔の曲もいくつかかかったのである。

風に吹かれて、激しい雨、など。

いまでもスロートレインカミングは僕の中ではかなり上位にある。

当時はマークノップラーとかなんにも知らなかったが、シャッキ、シャッキしたリズム、ギターの音、ドラムの音、好きである。

ディランの声も好きだ。へたなのかうまいのかわざとかまじかわからない歌いっぷりも好きだ。ゴスペルとか言われているが、歌詞やコーラスはゴスペルだろうが、ディランが歌えば、そういうジャンルではくくれない。

「モダンタイムズ」、ディランの声が地声に戻りつつ(戻しつつ)あるように感じた。というかどれを地声というねんとも思うが。 

好みの問題だとは思うが、オーマーシー以降、ちょっとつらかった。

なんか「地獄」から聞こえてくるみたいな感じがしていた。

前にも書いたが、ディランの3拍子の曲が好きだ。ハードゥレイーンザガナフォーオーも長い曲だが、もっと続いてくれてもいいと思えるくらい好きだ。モダンタイムズにもあったな3拍子、美しい3拍子。